射精管理誓約書(上級者向け)

射精管理誓約書

被管理者である私、○○(以下「私」と言う)は、管理者である主人(以下「主人」と言う)に対して、平成△△年△△月△△日より、主人が第2条の義務を果たすことを条件に第1条の誓約事項を厳守することを誓います。

第1条:誓約事項

  1. 私は、本誓約書を有する者を主人と認め、主人の指示・命令に従って射精管理を受けることを誓います。
  2. 私は、自身の射精の自由と精液の所有権を放棄することを誓います。
  3. 私は、主人の射精許可または射精命令がない限り、夢精を含めた一切の排精行為を行わないことを誓います。
  4. 私は、主人から指定された金属製貞操帯を常に正しく装着することを誓います。
  5. 私は、装着した貞操帯の鍵を全て主人に提出することを誓います。
  6. 私は、装着した貞操帯を常に施錠された状態で生活することを誓います。
  7. 私は、装着した貞操帯を取り外すためのいかなる努力も行わないことを誓います。
  8. 私は、射精するためのいかなる努力も行わないことを誓います。
  9. 私は、主人の命令には絶対服従し、一切の反抗的態度や行動を行わないことを誓います。
  10. 私は、装着した貞操帯に異変が生じた場合は直ちに主人に報告することを誓います。
  11. 私は、射精管理を受けることが困難な状況に陥った場合は直ちに主人に報告することを誓います。
  12. 私は、本誓約書の内容に違反した場合は直ちに主人に報告することを誓います。
  13. 私は、誓約違反に対してはいかなる懲罰をも甘んじて受け、一切の反抗的態度や行動を行わないことを誓います。
  14. 私は、主人からの解除・開放があるまで本誓約書の誓約事項に従うことを誓います。

第2条:主人の義務

  1. 主人は、私が装着する貞操帯のメンテナンスを行い衛生を保つものとする。
  2. 主人は、私が射精管理を受けることが困難になった場合、速やかに最適な措置を講ずるものとする。

以上

平成□□年□□月□□日

氏  名  ㊞

厳しい条件での射精管理を望むあなたに

imagesこちらの上級レベルの誓約書では、貞操帯装着者の自由は最大限に剥奪されます。

まず、被管理者は夢精することさえ許されません。自らの意思で射精したかどうかに関わらず、精液を体内から精液を排出すること自体が罪となります。

次に、射精管理に用いられるのは金属製貞操帯のみで貞操具や金属以外の材質の貞操帯は認められません。被管理者は主人が定める金属性貞操帯を正しく装着し施錠された状態で、一切の不正行為を行うことなく生活しなければなりません。

さらに、被管理者は主人の命令には、それがいかなる内容であっても絶対服従しなければなりません。逆らえば厳しい懲罰や射精管理期間の延長などが待っており、これらの懲罰から逃れることは出来ません。

主人の義務は被管理者が長期間にわたって貞操帯を装着し続けられるようにするための最低限の対応だけです。主人の義務は被管理者の都合や条件緩和のために用意されているのではなく、被管理者を射精管理で最大限苦しめるために設定されています。

射精管理期間は主人のみが定めることができ、被管理者の希望は考慮されません。被管理者はたとえ1年でも2年でも主人の解除があるまで射精管理から逃れることは出来ません。

写真:Historical Replicas