Neosteel 貞操帯の採寸方法

Neosteel 男性用ヒップタイプ貞操帯の採寸方法について解説します。

貞操帯は非常に高価かつデリケートなデバイスですから、計測作業は重要な意味を持ちます。もし計測を不完全に行えばあなたが装着する貞操デバイスは射精管理ではなく、拷問が目的となるでしょう

そのような事態に陥らないためにも貞操帯の計測作業は落ち着いて時間を掛けて行いましょう

以下は、Measurement Kit を用いて計測する場合の測定方法です。また、Measurement Kit を用いず、パートナーによって計測する場合でも計測可能なように補足します。

計測の前提

貞操帯の測定は本人だけでは難しいためパートナーとと共に行うことが理想です。それが困難な場合、Neosteel がサポートしている Measurement Kit を利用して自己計測することである程度正確な計測が行えます。

なお、Neosteel では Measurement Kit を使って計測した場合、貞操帯の価格がディスカウントされます(本サイトでは Measurement Kit を利用することを推奨します)。

1.通常の体型時に計測する

食後や極端な体重変化のある時期を避け、ご自身が通常の体重範囲にある時に計測をしてください

2.垂直に立つ

自身で Measurement Kit を使って測定を行う場合、どうしても前屈みになりがちですが、垂直に立つことを常に意識してください。これは非常に重要です。

3.肩幅に足を開く

足は常に肩幅に開いてください。これは非常に重要かつ忘れやすいポイントです

測定を行っているうちにこのことを忘れ、足を閉じたまま測定を行ってしまう人が多く存在します。この状態で測定を行うと、ウェストサイズが通常よりも狭くなりキツいベルトが作られる要因になります

4.手は頭の後ろに

これは他者に測定をしてもらうときの項目です。

自身で計測を行う場合は手を頭の後ろにしていては計測ができませんから、前屈みにならないことを意識して計測を行ってください。

5.数回測る

計測は数回測ってその平均値を取ります

最初のうちは慣れないでしょうから、慣れるために何日かは捨てる意識で計測を行ってください。個人的な印象としては、2~3回計測を行うと、だいたい計測のコツが分かってきます。

コツが分かったら、それまでの計測データを捨て、そこから10日掛けて10回計測してください

その最大値と最小値を捨てた算術平均値が実際に申請するデータとなります

6.伸び縮みしないメジャーを使う

言うまでもなく正確な計測が必要ですから、使用するメジャーは伸縮性のないものを使用してください。また、物差しでも計測は可能ですが、できれば柔軟に曲げることができるメジャーの方が適しているでしょう。

7.3.5cm 幅の丈夫なベルトを用意

Measurement Kit を利用するなら特に気にする必要はありません。

測定方法と計測項目

貞操帯の計測で必要となるのは以下の項目です。それぞれについて解説します。

  1. height (cm)
  2. weight (kg)
  3. Normal waist
  4. Controlled Waist(Hip circumference)
  5. Center hip front between legs to rear center hip (over the scrotum sac, between the testicles and beside the penis)
  6. Center hip front between legs to anus (beside penis and scrotum)
  7. Rear center hip to anus
  8. Center hip front between legs over buttocks to a point in a distance of 12 cm to the right and left of rear center hip
  9. Center hip front to base of penis (top)
  10. Penis length (relaxed) (cm)
  11. Penis circumference (relaxed) (cm)

1.Height

あなたの身長を cm 単位で記載します。これはおおよその身長で結構です。厳密に測定する必要はありません。

2.Weight

あなたの体重を kg 単位で記載します。これもおおよその体重で結構です。厳密に測定する必要はありません

3.Normal waist

通常のウェストサイズです。通常の身体測定を行うようにリラックスした状態で、あなたのおへその位置から水平にメジャーを伸ばし測定してください。

4.Controlled Waist

非常に重要な項目です。

コントロールドウェストは自身で自由に決めることができます。つまりどの位置でウェストベルトを締めたいかと言うことです

それを肋骨の下かつ骨盤の上で締めれば、それはクラシックタイプの貞操帯になり、骨盤より下かつ骨盤の一番幅の広い部分より上側で締めればヒップタイプの貞操帯になります。

一般的にクラシックタイプの貞操帯はフロントシールドが長くなるため、装着時の運動性が悪く動いたりかがんだりすることが難しくなります。最近はヒップタイプの貞操帯が主流でしょう。

どちらの場合もキツく締めた状態で測定します。両足を肩幅に開くことを忘れないでください

ウェスト周りに脂肪分の多い方はどの位置で締めてもそれほど問題はありませんが、細め体型の方はコントロールドウェスト位置の決定は非常に重要です。骨盤が出っ張った位置でウェストベルトを締めると非常に苦しい貞操帯生活を強いられることになるからです。

装着する周りの肉付きを調べ、最も優しくフィットできる箇所を選択してください

装着位置が決まったら、その位置でメジャーを水平にキツく巻き、周囲長を測定します。これが Controlled Waist です。

床に寝てお腹に手を入れ十分きつく締っているか確認してください。指が2本入る程度の余裕しか持たせてはいけません

なお、今後コントロールドウェストのことを「CW」と記述します。

5.Center hip front between legs to rear center hip

CW の前下端から CW の後下端までの長さを計測します。

このとき金玉は左右のどちらかにずらし、メジャーが真っ直ぐ通るようにして測定してください。また、CW を計測したようにキツく計測してはいけません。前かがみになりがちですので、垂直に真っ直ぐ前を見て立つように心がけてください

CW 以外の計測はキツ過ぎずユルすぎず、ちょうど Normal Waist を計測したように肌に沿うように計測します

6.Center hip front between legs to anus

CW の前下端から肛門の中央までを計測します。

Measurement Kit の場合、肛門の位置にリングがくるように配置してください。パートナーが測定する場合は、棒状のものを肛門に差し、その位置をベルトに記録して測定して下さい。

また、このときもキツくメジャーを張るのではなく、あくまで体のラインに沿うように計測をしてください

7.Rear center hip to anus

CW の後下端から肛門の位置までを計測します。

Measurement Kit の場合、肛門の位置にリングがくるように配置してください。パートナーが測定する場合は、棒状のものを肛門に差し、その位置をベルトに記録して測定して下さい。

6と7のデータを足すと5の計測結果になるはずです。そうならない場合は5, 6, 7 の計測をやり直してください。この値が一致しないと Neosteel から問い合わせが来ます。

8.Center hip front between legs over buttocks to a point in a distance of 12 cm to the right and left of rear center hip

CW の後ろ中央から左右12cm離れた位置を基点に CW の前中央までの距離を測定します。この長さは左右で異なっても構いません(人間の体は左右対称ではないため)。

ここで重要なのは左右の睾丸はその上を通過して測定することです。12cm右側から測定する場合は右の睾丸とペニスの間にメジャーを通して測定します。5で測定したように睾丸を避けて測定するのではありません

Measurement Kit をお使いの場合は、この位置からロープが伸びていますのでそのまま利用してください。お使いでない場合はベルトの左右12cmに印をつけ、そこから別のロープなどを利用して計測してください。

9.Center hip front to base of penis

CW の前中央からペニスの付け根上端までを測定します

この測定時もどうしても前かがみになりがちなので、真っ直ぐ直立不動になり、決して前かがみにならないように注意してください

また、ペニスの根元はあまりメジャーを押し付けずに自然に測ってください。どうしても計測に迷った時は、切り上げして大き目の数値にすることをオススメします(ペニスチューブの下端根元が圧迫されないため)。

10.Penis length

弛緩時のペニスの長さを測定します。

これはペニスの付け根上端からペニスの亀頭先端までを測定します。興奮しているとどうしてもペニスサイズが大きくなりがちですので、そのようなことがないよう完全にしかんしたじょうたいで計測してください。

また、極寒時にはペニスが極度に縮まることがあるため、そのような状況のときも計測は避けてください。

11.Penis circumference

弛緩時のペニスの周囲長を計測します。ペニスの最も太い位置を計測してください

このときもペニスが興奮していたり極度に縮こまっていないよう注意して自然に仕官している状態で測定します。

平均を取る

これらの計測を数回繰り返しコツを掴んだら、それらのデータは捨て、そこから毎日1回、合計10回の計測を行ってください

それらの数値を全て記録し、最大値と最小値を捨てた上で残った8つの項目の算術平均を取ります。それがあなたの計測データです

それらの項目を Neosteel のオーダーシートに記載し貞操帯を注文してください。