リアル射精管理はホントに辛い vol.7

リアル射精管理はホントに辛い vol.1
自分以外の誰かに射精管理されたことはありますか? 貞操帯の鍵を相手に渡すときの快感と恐怖を味わったことがありますか? まずはじめに自...

明けましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方から温かい励ましを頂いて感謝しています。
拙い文章で恥ずかしい面もありますが、みなさんに楽しんで頂けるよう頑張ります。

前回の補足

前回の投稿でABUS製の南京錠はホームセンターで売っていないはずなので、この話がフィクションではないかと指摘がありました。

結論から言えば話の大筋はフィクションではありません。ただ投稿の性質上、話を簡略化して書いている部分があります。

今回の件については実際にはご主人様の元へに何度か射精管理に通う中で突然鍵を交換されました。おそらくネットでABUS鍵を購入したのだと思います。ただこれを投稿で書くと、何度もご主人様のところへ通うシーンを繰り返し書かないといけなくなり、読んで頂く方にも面白くないと思い、話を少し変えて書きました。

このことであらぬ誤解や心配をおかけしたのは大変残念で申し訳なく思います。今後はそういったことにも気を付けて書いていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

朝勃ち

貞操帯と共に目覚める朝。

朝勃ちした僕のチンポはペニスチューブにいっぱいになって下向きのまま勃起しています。

純潔工房の貞操帯は、根元を締める貞操具のように朝勃の痛みはありません。

至って快適です。

ペニスチューブに触るとチューブはとても熱く火照っています。

昨日は寝不足でほとんど寝られませんでした。

何とかして貞操帯を外したいと思い、布団の中に入っても一生懸命貞操帯と格闘していました。

格闘に疲れては眠り、また思い出したかのように格闘する。

幾度となく戦って朝を迎えた結果、僕のチンポはしっかりとペニスチューブの中に拘束されていました。

逃げる方法はないのです。

貞操帯生活のはじまり

今日は仕事がある日です。

いつまでも貞操帯のことばかり考えているわけにはいきません。

僕は普段は自転車で会社に通勤しています。

でも貞操帯をした状態で自転車に乗るのは苦痛です。

乗れないわけではないのですが、ペニスチューブの一番下の部分がサドルに突き上げられてペニスチューブの根元が押し上げられて痛いです。

だからサドルの先端の方でケツを左右どちらかにずらして座るようにします。

これなら多少違和感はありますが、何とか自転車に乗ってペダルをこぐことができます。

でもきっと後ろから見るとおかしな格好になってるんじゃないかと思います。

職場は制服です。

僕は割りとゆったり目のズボンを履いているので貞操帯が外から分かることはありません。

でも座ったりしゃがんだりするときは注意が必要です。

しゃがむと結構ペニスチューブの下側が張り出してきて目立つだけじゃなく、ズボンが破れそうに感じることもあります。

だから物を拾うときなどは、片膝をついて拾わなければなりません。

こういうことは自然に覚えるようになります。

不自由なトイレ

トイレも不自由です。

休憩時間のトイレは混み合うので仕事中に合間を見てトイレに行きます。

もちろん小便器は使えませんから毎回個室に入ります。

ズボンを脱ぐと銀色の派手なパンツとそのパンツに追いやられて無理矢理左右にセパレートされた無様な金玉が目に入ります。

ペニスは見ることも触ることも許さないくせに、金玉はこれ見よがしに露出させ誇張させる純潔工房の貞操帯は残酷だと思います。

金玉をいくら揉んでもちっとも気持ちよくありません。

排尿するとドボドボと尿がチューブを伝って下端の穴から流れ出ていきます。

貞操帯の角度を変えて残尿がないように気を付けます。

トイレットペーパーを手に巻いてチューブの穴に押し当て、中の尿が全て染み込むまで待ちます。

十分に残尿を処理しても後から出てくることはよくあるので、もう一度トイレットペーパーを巻いて、パンツの下に入れておきます。

そして何食わぬ顔をして職場に戻ります。

落ち着かない職場生活

椅子に座っているときも苦痛です。

どうしてもペニスチューブが下から突き上げてくるからです。

この下からの突き上げはペニスチューブを持つ貞操帯の宿命だと思います。

自転車の時と同じように左右どちらかのケツに重心を移して負荷を和らげます。

時々気晴らしに立ったりしてペニスの根元への負荷を解消してあげると長続きできます。

物への接触は絶対気を付けないといけません。

僕は椅子から立ったときに、ペニスチューブが机の端に当たってゴツンと大きな音をさせてしまったことがあります。

周りの人はもちろん気付いてこちらを見ました。

僕はとっさに拳が机に当たって痛い素振りをしてごまかしましたが、もしもの時の対応は考えておいた方がいいと思います。

仕事中は気になる男の人の股間やケツばかりに目が行きます。

あの人も貞操帯嵌めてないのかなとか、あの人に管理されたいとかそんなことばかり頭に浮かびます。

そのたびに股間が熱くなってチンポをヒクつかせます。

チンポはペニスチューブの内壁に擦れて結構気持ちがいいです。

P筋を鍛えるように長くチンポをヒクつかせると、ペニス全体がペニスチューブに擦れて気持ちがいいです。

もちろん射精なんて到底できる刺激ではありませんが。

もう1日中、チンポと貞操帯と男のことしか考えられなくなります。

まだ余裕があるのかご主人様のことはあまり頭に浮かばなかったように思います。

でもそれも時間の問題でした。

リアル射精管理はホントに辛い vol.8
ご主人様の家に行く日がやってきました。 貞操帯を外せるはずもなく、もう2週間以上射精していません。 フィッティングが少し合っていない...

コメント

  1. りあ より:

    楽しませてもらっております~。

    しっかりと嵌められて、一滴も出せなくされて…
    いよいよ、これからですねvv

    更新がんばってください。

  2. けーすけ より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます