Carrara スパイクオプション(Male triple spike erection controller)

ここのところずっと Carrara SuperSteel 2.0 貞操帯を連続装着させられてる。

今日で多分5日目ぐらいじゃないかな?

さすがに精液溜まって辛くなってきたよ。

でも外す方法がないんで大人しく装着しておく以外に選択肢はないんだけど、この装着がうまくいったら今度はウェストベルトをもう1段階キツく締められるし、チューブ内にスパイク入れられたりして、射精どころか勃起も厳しく取り締まられるようになるから氷河は嬉しい辛いよ~。涙

今日はそのスパイクのお話しを。

Carrara のスパイクオプション

Carrara Designs のオプションの1つに Male triple spike erection controller って言う下の画像のようなのがあるけど、これの正しい使い方が今ひとつ分かりづらいと思うので、今日はその解説をするよ。

これはその名の通り、3つのスパイクのある勃起コントローラで、ペニスを勃たせるとスパイクが亀頭に刺さって悶え苦しむオプションなのだ。

とまぁ、それぐらいはみんな分かると思うんだけど、問題はこれをどうやってセットするのかってことだよね。

これは図を見てもらったら一発で分かると思うんだけど、意外な装着の仕方なんだ。

見ての通りうつ伏せにするような形で内部に固定するんだ。

この向きじゃないと先端の穴からスパイクの根元を出せない。

反対だと思ったでしょ?(僕は思ってた 笑)

この向きで入れて、先端から飛び出した部分に南京錠を取り付けて固定します。

スパイクの効果

スパイクは南京錠で固定しても結構グラグラする感じ。

しかも南京錠がなくてもチューブからスパイクを取り除くことはできないから結局亀頭を引っ掻かれる運命。

でも南京錠で固定していた方がよりいっぱい引っかかれる感じ。

引っ掻き具合はペニスの長さにもよると思う。

ペニスが短くて勃起しても亀頭がチューブの折れ曲りを少し過ぎるぐらいの人は3本のスパイクのうち一番長いスパイクしか役に立たないので残念感が半端ないよ。

スパイクが裏筋を這うように当たってきて結構強めに引っかかれる。

特にチューブを揺すったりしてペニスが戻る方向に動くと突き刺すような(って言うか突き刺されてるんだけど)痛みがあってとってもグッド。

十分勃起を諦めさせてくれる痛みです。笑

ペニスが長くて通常時でも亀頭がチューブの半分を超えてる人は、スパイクの恩恵(笑)を存分に受けれるよ。

3本のスパイクが亀頭を包み込むように突き刺してくれるから、勃起は諦めて大人しくチューブの中で射精せずにひたすら耐えてね。

射精の予備段階である勃起を禁止するのはとってもいい機能だよね。

勃起しなければ射精もないもんね。

いいことばかりじゃないスパイク

でもこのスパイク、ちょっとアイデア倒れな部分もあるんだ。

まずは結構グラグラしたり回転したりするんで、外側から向きを変えると勃起してもそんなに痛くないことがあったりするんだ。

これじゃ意味がないよね。

それに外側から南京錠で固定するんだけど、これぐらいの南京錠ならすぐ切断できるよね。

ま、切断できてもスパイクを取り除くことはできないんで結局引っかかれるんだけど、固定しているときより効果は薄い。

それからペニスが長い人は常に引っ掻かれてる感じになるんじゃないかと思う(勃起の圧力はないんでそんなに痛くないんだろうけど)。

さらにスパイクを固定する穴は本来排尿や洗浄のための唯一の一番大きな穴なので、それが塞がれて衛生面でマイナスがあったりもするし、南京錠は尿がかかってちょっと錆びたりもするよ。

南京錠は結構分厚いので座ったりするときの邪魔にもなるし少し音もする。

と言うことで、スパイクの効果が気に入った人は内部にアロンアルファとかで内部に固定してしまうのがいいんじゃないかな。

装着がけっこう面倒

よく見て欲しいんだけど、スパイクオプションは取り付けるためのいくつかの備品があるよ。

まず一番左にある針金のようなもの。

次にその針金の先端から伸びてる釣り糸のような透明な糸。

そしてスパイクと南京錠。

取り付けるときは、まず針金だけをペニスチューブの先端の排尿用の穴から挿入して上部の根元の部分から顔を出させます。

そこに釣り糸を通したスパイクを絡ませて、排尿用の穴から引っ張る感じで取り付けます。

氷河は最初これを見たときに釣り糸って何のためにあるのかさっぱり分からなくってホテルのゴミ箱に捨てたら、次の日 Walter さんに「説明してなかった俺も悪いが、捨てるな」って叱られた。笑

ということで、4点セット、捨てないように!

分かりにくかったらコメントで教えてね。