射精管理ゲームはいかが?

imgres

こんばんは。今日も一人貞操帯に揺られる氷河です。

普通、貞操帯の自己管理は、目標を定めて「1ヶ月外さない」とかやるわけですけど、

貞操帯を嵌めて自己管理していると、

何かもっともどかしい刺激が欲しくなりますよね

何て言うか、鍵を開けるタイミングを自分で決められないようにしたい!とか。

やっぱり射精管理って本来は他人に管理してもらうもんだから、

自分で目標を定めても今ひとつ臨場感がない

かといって管理してくれる相手もいないし、おかんにも相談できない。笑

で、何か面白いアイデアはないかと探していると、

1つ見つけちゃったんですよ。

Enforced Chastity Game 訳して「強制貞操ゲーム」。

貞操帯の鍵がこの中に入ってるとして、16個あるボタンを好きに押していくんです。

緑色の ■ を赤色の より先に3つ揃えると、おめでとう、貞操帯の鍵が取り出せます

赤色の が先に3つ揃っちゃうと、残念、鍵は取り出せません。

それぞれのボタンはどこに配置してあるかはわからない。

Enforced Chastity Game 強制貞操ゲーム:

ボタンをランダムに押していくと、途中、+1 とか ×2 とかってボタンも出てきます。

最初、1日(次回射精できるまで1日)からスタートして、

+1 とか ×2 とか出てくる度にこれが増えていく。

例えば +1, +2, ×2 の順番で押しちゃったとすると、8日になる。

この状態で赤い を3つ揃えてしまうと、

「はい、次回の射精は8日後です」ってなっちゃう。

もちろん ■ を先に揃えれば大丈夫よ~ん。

面白いことにこのゲーム、キャッシュを使ってて一度プレイして期間が確定すると、

その期間が経過しないとプレイできないの。

やってみたんだけど、なんかちょっと緊張するし、ドキドキするし面白いですよ。

緑が揃って鍵が出てくると嬉しい反面、ちょっと残念な気持ちになってしまうのは

やっぱり氷河がドMだからなんだろうな~

さらに設定を変更してより厳しくしたりもできるんで、みんなもやってみませんか?

鍵を封筒に入れて、好きな女友達に中身を言わず預けたりして。

「○○日間、誰にも渡さず持っておいて」

とか言って、このゲームで出た日数だけ鍵を預かってもらったりして。

そうだ、このアイデアを使ってさらに面白いこと思いついたから、また次回書きますね。

それになんか読み物も書けそうな気がしてきたんで、気が向いたら書くかも。

あなたと射精管理の架け橋、氷河でした!

ではでは。